#2

映画をレンタルなどで選ぶ際、よくやっている方法がある。

それは、その時にピンときていたあるテーマなどに沿って何作かをチョイスし一気に観る……という、いわば独自の『特集』みたいなもの。


今回は、過去に自分の中で“開催”された『特集』の幾つかをメモも兼ねて記事にしておこうと思う。


まずはシンプルに『ホラー特集』!

・Cube(1997・カナダ)
・SAW(2004・アメリカ)

「やっぱコレだな!」って感じですよね〜。

共に続編がつくられているようですが、そちらは未見(アニメシリーズなどでも、結構「取り敢えず1巻目だけ観てみるか」と“試食”的にセレクトしてみることも多し)。その他『Cube』のDVDに特典として収録されていた短編映画『Elevated』や、映画ではないですが以前深夜に放送されていた『トリハダ』というオムニバスドラマも当時チェックしていました。

最近観たホラーやサスペンス系といえば、あの『カメラを止めるな!』とかぐらいですかね?

一応、ストックとして『羊たちの沈黙』『シャイニング』『鳥』といった作品はテレビ放送されたものをHDDに保存していますが……まだ全然、観られていません(汗)。


ジャンルなどの他、スタッフやキャストで決めることもあります。

お次は『君の名は。』(2016)が話題になっていた当時、片っ端から観ていった「『新海 誠』特集」!

・ほしのこえ(2002)
・雲のむこう、約束の場所(2004)
・秒速5センチメートル(2007)
・星を追う子ども(2011)
・言の葉の庭(2013)


一人ではなく複数、というケースも!

結構前ですが「『北野 武×久石 譲』特集」なんてのもありました。

・あの夏、いちばん静かな海。(1991)
・ソナチネ(1993)
・キッズ・リターン(1996)
・HANA-BI(1998)
・菊次郎の夏(1999)
・BROTHER(2001)
・Dolls(2002)

ちなみにこの時、久石さんが音楽担当ではないですが『みんな〜やってるか!』(1995)も「そこだけ抜かすのもアレだし、折角だから」と考え、一応省かずに観ています。


『Dolls』以降、このコンビでは1作も制作されていないんですよねー。

監督の方針なので仕方ないとはいえ「すごい良い組み合わせだな〜」と感じていたので、ちょっと残念。


長くなってきたので、今回はここら辺で……。

こうしてお浚いしてみると本当、映画を観るというのは面白いし良い刺激になるよな〜と改めて思う。

KEMODRA CINEMAS

presented by Atelier Kamenecia

0コメント

  • 1000 / 1000